松岡利次編訳『ケルトの聖書物語』(岩波書店、1999年)

celtb


 10世紀から12世紀にかけてのアイルランド語、すなわち古アイルランド語(500-900)および中アイルランド語(900-1200)で書かれた、アイルランドの修道院文学のうち、初期アイルランド文学の文体を色濃く残し、アイルランドの聖書外典的物語の特徴をよく表すものを9篇えらびだして訳出し、資料について詳細な註を附し、当時のアイルランド文学の状況について解説をくわえた労作。

 「ケルト」とは、ここでは初期アイルランド文学の文体および土着的素材の意であり、通常「ケルト」という語から思い浮かべるものとは異なる。

 中でも「聖ブレンダン伝」に興味をひかれる。『ブレンダンの航海』で有名な聖ブレンダン(5-6世紀)の伝説的エピソードが満載である。悪魔が聖ブレンダンに見せる地獄は124の形容語句を一挙にならべて書かれている。ブレンダンが詩篇を歌う声は千歩四方に聞こえた。ブレンダンはコナハト地方を訪ねてイアルライからアイルランドの聖人のすべての教えを学ぶ。ブレンダンはアイの野で天使が述べる神聖な教会のすべての教えを書き留める。聖なる老人がブレンダンに示す楽園の土地は40以上の形容語句を一挙にならべて書かれている。

 それから、一部が紹介されている、11世紀の『マッコングリニの夢想』(Aislinge meic Congloinne [Vision of Mac Conglinne])は、
古代・中世アイルランド文学伝統全体のパロディというが、物語歌の枕に使われる「戦闘服」と類似するのに驚かされる。『麗書(Leabhar Breac)』に収められている。クラーク(Austin Clarke)やファロン(Padraic Fallon)はこの素材を用いて戯曲を創作している。

***

  
「戦闘服」(battle dress)はアイルランド語で cóiriú catha または culaith ghaise という。シャン・ノース名人のジョー・ヒーニが歌の枕で用いたことがよく知られている。もしかすると、『マッコングリニの夢想』のような伝統がアイルランド語話者の共同体で伝承されていて、歌の枕で英雄を描写する定式となっていったのかもしれない。