大倉崇裕『福家警部補 未完の頂上』Kindle 連載)

MikanPeak

 ミステリにもいろいろある。

 凝った複雑な構成のものから、本作のように、肩が凝らずさらっと読めるものまで。

 気晴らしに読める小説のことをエスケイピスト・フィクションと呼ぶが、本作はその種のものとして最上の例のひとつだろう。

 犯人は初めからわかっている。いわゆる倒叙ミステリだ。

 それを、一見、冴えない、目立たない、刑事にも見えない地味な女性が、辛抱強く、しかし、不思議にもさわやかな印象をのこしつつ追い詰めてゆく。まことに痛快というほかない。

 和製コロンボとの呼び声もあるようだが、ほんとうにそんな味わいがある。

 この福家警部補の聴き取りのもようがおもしろい。相手は最初は福家をばかにし、ぞんざいな対応をするのだが、福家は鋭い質問を連発して核心をひきだし、最後には相手の得になるちょっとした心遣いをみせて去る。じつに心憎いばかりだ。

 今回、読んだのはKindle連載という、続きが自動的に配信されるフォーマットだ。これほど続きが待ち遠しかったのはひさしぶりだった。

 なお、現在は本作品は改稿されて、『福家警部補の追及』に収められている。